Kanon

1234567
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by:スポンサードリンク
-
-
-
クリストファー・メイビー 2007/2008 プログラム
メイビーくんのSPは”Spartacus” バレエ音楽かな。
FSは”Sing Sing Sing”と、まったく路線の違う2曲を揃えました。

Short Program : Spartacus
Long Program : Sing Sing Sing
posted by:kanon
Programs 2007/2008
comments(0)
trackbacks(0)
ジョアニー・ロシェット 2007/2008 プログラム
モニタリング・キャンプの映像を観ることができたので
カナディアンズの今季のプログラムも明らかになりました。

ジョアニーはSPがチャイコフスキー!
昨季のジミー・ヘンドリックスはジャッジに受け入れられなかったと判断し、
今季は王道クラシックで挑むことにしたようです。
ピアノコンチェルトの華やかさが彼女にぴったりで、試合で観るのか本当に楽しみ。

Short Program : Piano Concerto No. 1 in B flat minor, Op. 23 (Tchaikovsky)
Long Program : Don Juan (Felix Gray)


posted by:kanon
Programs 2007/2008
comments(0)
trackbacks(0)
ジェフリー・バトル 2007/2008 プログラム
先ほどアップしたエントリーでご紹介した記事で、ジェフの今季のプログラムが出揃いました。

Short Program : I Pagliacci (Ruggiero Leoncavallo)
Long Program : Ararat OST (Mychael Danna)

アララト継続には驚きましたが、好きなプログラムなので嬉しいな。
昨季はほとんど滑っていないですものね。
でもそう考えると "Adios Nonino" がつくづく惜しい・・・。

新プログラムが判明するといよいよ新シーズン到来といった感じがしますね。
今季もジェフにとって良いシーズンになりますように。

posted by:kanon
Programs 2007/2008
comments(2)
trackbacks(0)
キミー・マイズナー 2007/2008 プログラム
FSUの音楽スレッドでキミーのFSが映画 ”Ever After” のサウンドトラックからの曲だ
という情報があがってきました。
”Ever After” というとシンデレラですね。
イメージ的にぴったりだな。これはすごく楽しみです。

Short Program : The Feeling Begins (Peter Gabriel)
Long Program : Ever After OST (George Fenton)


今月末にはチャリティー・ショーもあるし、秋からは大学生だし
充実した毎日を送っているといいですね。

Meissner To Perform On Home Ice

posted by:kanon
Programs 2007/2008
comments(0)
trackbacks(0)
2007-2008シーズン プログラムあれこれ
そろそろ各所でいろんなスケーターのプログラム情報が出てきていますね。

ライサチェクさん公式サイトによりますと
SP: "Zorro" (OST)
FS: "Tosca"
振付はともにローリー・ニコルさん。
すごく「THE フィギュアスケート」な選曲ですね。
衣装はやっぱり黒いんでしょうか。なかなか楽しみです。

そしてキミーも。USFSAのプロフィールページにプログラムの情報が出ています。
SPが"The Feeling Begins"。FSはまだ決まっていないようです。
ライサチェクさんといい、キミーといい、アメリカの選手ってベタな曲が好きなんでしょうかね。
曲がお馴染みのものでも、きちんと曲にあった表現ができて いい演技ができれば
一向に構わないので、ぜひともがんばっていいプログラムにしてほしいですね。

あと、他に情報はないかしら。ていうかカナダカナダ。とFSUのMusicスレッドを見ていたら
ランビエールさんのSPがモダン・タンゴの"Carne Cruda"らしいという書き込みがありました。
FSはフラメンコ続行でしたよね。タンゴにフラメンコとはまた濃い・・・。
しかも"Carne Cruda"とは英語で"Raw Meat"の意味らしく、日本語ではずばり「生肉」。
エロス。
彼は確実に自分の個性を確立したようです。その調子でどんどん行っていただきたい。

ちなみに検索してみると、"Carne Cruda"は Ensamble Nuevo Tangoの"Tango Directo"という
作品に収録されています。
これがランビエールさんの使っている音源かどうかはわかりませんが、ご参考までに。


しかし、カナダ勢は見事に情報が出てきませんね。
ここまで出て来ないと、いっそ潔い。
身持ちの堅い娘を見守る父親の気分になってきましたよ。

posted by:kanon
Programs 2007/2008
comments(2)
trackbacks(0)
ジョニー・ウィアー 2007/2008 プログラム
ジョニーの今季のプログラムがこちらのインタビューで明らかになりました。

SPがPiano Versionの“Yunona i Avos”で、FSがGlobusの“Love is war”だそうです。

“Yunona i Avos”は去年のロシア杯のEXで滑った曲のリアレンジなんでしょうか。
原曲はAlexei Rybnikovの“Juno & Avos”というアルバムに収録されています。

そしてGlobusですが、現在発売されている音源の中には
“Love is war”という曲は見当たりません。新曲なのかしら。
グレペチュさんたちと滑った“Sarabande Suite”がGlobusでしたよね。そこからの流れなのかな。

もともとGlobusの音楽の母体は、映画の予告編音楽なんかを制作している
Immediate Musicというプロジェクトで、その音楽ライブラリのなかに
“Love & War” という曲はあるのですが、曲名もアーティスト名も違うし
2分半ほどの曲なので、FSには尺が足りないから違うだろうなあ。

発表されたのになんとなくしか見えてこないジョニーの使用楽曲。
シーズン開幕までのお楽しみ、という感じですね。

上記のインタビューに関してはまた後日。

posted by:kanon
Programs 2007/2008
comments(0)
trackbacks(0)
ショーン・ソーヤー 2007/2008 プログラム
FSUなどのスケート関連フォーラムでは、2007/2008シーズンのプログラム使用曲についての
情報がちらほらと出てきておりますが

カナディアンズの中ではソーヤーくんがすでに公式サイトで今季の使用曲をアナウンスしています。

Short Program : Another Brick in the Wall (London Philharmonic Orchestra)
Long Program : Moments in Love (Art of Noise)
Gala Program : Tainted Love, Untitled (Sum41)

Art of NoiseのFSは昨季と同じで、
SPの"Another Brick in the Wall"はPink Floydの曲を
オーケストラ・アレンジにしたもののようです。

EXナンバーの"Tainted Love"はアーティスト名が書かれていませんが
Gloria Jonesの曲でしょうか。
この曲はいろんなアーティストがカバーしていて、その中でもSoft Cell
ヒットも飛ばしているので、それ以降のものだとおそらく80年代な感じの
アレンジなのではないかと思いますが、どうでしょうね。

NHK杯で観られるといいなあ。

続きを読む >>
posted by:kanon
Programs 2007/2008
comments(0)
trackbacks(0)

06
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--