Kanon

1234567
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by:スポンサードリンク
-
-
-
Japan Open Gala
もうあれから一週間以上も経ってしまいました。
時間が過ぎるのってほんとうに早い。

GW終盤からまたばたばたとしていまして、そろそろガラの記憶が遠いのです。参った。
それでも印象に残った演技についていくつか書いておこうと思います。

Japan Openガラはロングサイドで観ることができました。

一番最初に出てきた小塚くんの"Car Wash"。
楽しいナンバーでリズムもうまくとっているし、観ていてとても楽しかった。
演技終了後、足元に落ちていたキャップをブレードでひっかけて跳ね上げていたのが
ちょっとかっこよくて印象に残っています。
こういったダンサブルなナンバーって序盤に持ってくるとやはり盛り上がりますね。
そういえば去年はエマさんがガンガンに盛り上げてくださったのでした。
エマさんのショーナンバー、今年も観たかったなあ…。

ジョアニーは"Summer Time"でしっとりと。
けだるい感じの動きがとてもセクシーで、うっとりします。
これでまだ21歳なんですものねー。びっくり。
わたしが21歳の頃なんて色気のカケラもございませんでしたよ。今もないけど。
ジョアニーが今季表現しようとしていた彼女の成熟した女性としての部分というのは
きっとこういう感じなんだろうなというのがすごく伝わってきました。
競技としてはこういった演技はジャッジに受けなかったと彼女は受け止めているようなので(4/27のエントリー参照)、競技プログラムで今後ブルースやジャズのような雰囲気のものは使わないかもしれないけれど、ショーナンバーでまた大人のジョアニーを見せてくれたらいいなと思います。

ジュニア時代のSP"ニューシネマパラダイス"を披露した織田くん。
今季はFSでプログラムの表現に悩んだシーズンでした。
途中でプログラム変更があったりと試行錯誤もあった。
でも、このプログラムはたおやかな動きで美しく切ない曲想を見事に表現していて、
曲の盛り上がりの後押しもあったせいか、胸にぐっとくるものがありました。
コミカルなのも巧いけど、こういった少し綺麗めのオーケストレーションの曲も滑りこなせる選手に
いつの間にかなっていたんだなあとしみじみ観ました。
荘厳なクラシック曲より、こういう感じが向いているのかも。
この先をまた楽しみにさせてくれるような、素敵な演技でした。

さて、溺愛しているキミーについて。
キミーはね。もうほんとなにやってても可愛い。
出てくるだけで「可愛いわあー。ぽわーん。」となってしまうので
まともな感想になりません。
選手としてはこういうのってあんまり嬉しくないんだろうなとは思いますが
あの透明感あふれる可憐さと清楚な雰囲気って、演者としてはかなりの強みだと思うし、
そこがなんともいえず好きなので、ひとつご容赦いただきたいのです。

そしてジェフですが、今年も2プログラム滑ってくれました。
それも思いもかけないサプライズで。
まずは"Go the Distance"。
いままでマイケル・ボルトンバージョンと藤井フミヤバージョンしか聴いたことが
なかったのですが、ジェフが滑ったナンバーは劇中のキャラクターの声で歌われていて
まさしくディズニーといった感じ。
ジェフがあまりにも爽やかに滑り抜けていくものだから、ディズニー・オン・アイスって観たことないけれどこんな感じなんだろうかしらと思いました。それくらいハマってた。
歌詞の"strong"という単語のところで繰り出される力こぶポーズがばしっと音にはまっていて
妙に可愛らしかったのを覚えています。
一番最後のアプライトスピンのあとで、軽やかにゆっくり回っていって
静かにポーズをとるところが好きだったな。

演技後はアンコールもなくあっさりと退場していったので
テレビ放映の尺の関係でさくさく進行なのかなー。残念だわ。と思っていたのですが。

二部、キミーの愛らしさに骨抜きになっているわたしの目の前で
暗闇にふさふさと揺らめく金色の髪。
あまりの衝撃に、ナレーターがジェフの名を呼ぶ前にゲホゴホとむせてしまって
あの爆発的な盛り上がりに参加するタイミングを逃してしまいました。
持ってきたのか。モヒカン。
曲が始まると本当に楽しそうに、得意げに滑り、踊ります。
こういう2つ打ちのリズムの曲でもきちんとそれらしく滑ってくるところを観ると
ジェフもかなり踊れるスケーターなんですよね。
改めて音のとらえ方のすごさとショーマンシップに感心してしまいました。
でも、パンクなのにあまりに美しいキャメルスピンにまたむせてしまったのも事実です。

ワールドが終わって、CSOIが始まるまでにそんなに日もなかったはずなのに
今季のプログラムの一部が取り入れられているとはいっても、これだけの雰囲気の異なった
プログラムを2本、ある程度のクオリティを持った作品として仕上げてくるジェフの力量にも
驚きましたし、それが日本で生で観られる幸運に酔った一日でした。
本当に楽しかった。

posted by:kanon
Competitions 2006/2007
comments(0)
trackbacks(0)
スポンサーサイト
posted by:スポンサードリンク
-
-
-









trackback url
http://ice-kanon.jugem.jp/trackback/234
trackback

10
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--