Kanon

1234567
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by:スポンサードリンク
-
-
-
Four Continents Championships 女子SP / FS滑走順
出先で拘束12時間。目がかすむ。もう帰る。帰ってやる。

やっとさっき女子SPのリザルトを開くことができました。
SPの上位10名は以下のとおりです。

1 Joannie ROCHETTE (CAN) 56.60
2 Emily HUGHES (USA) 55.34
3 Aki SAWADA (JPN) 55.13
4 Alissa CZISNY (USA) 54.64
5 Yan LIU (CHN) 53.34
6 Kimmie MEISSNER (USA) 52.49
7 Yoshie ONDA (JPN) 49.38
8 Dan FANG (CHN) 48.56
9 Chae-Hwa (KIM) KOR 46.96
10 Binshu XU (CHN) 46.82

ジョアニーが一位で通過。おめでとう!
澤田亜紀ちゃんが3位に入っています。すごいすごい。いい演技だったんですね。
キミーはコケちゃったのか。6位スタート。
あれ?村主さんの名前が・・・。2つディダクションついてますね。
12位とはいったいどうしちゃったんでしょうか。
他も全体的にPCSが出ていないような気がします。


FSの滑走順も出ています。

1 Abigail PIETERSEN (RSA)
2 Jocelyn HO (TPE)
3 Emily NAPHTAL (MEX)
4 Phoebe DI TOMMASO (AUS)
5 Ami PAREKH (IND)
6 Michele CANTU (MEX)

7 Cynthia PHANEUF (CAN)
8 Joanne CARTER (AUS)
9 Ana Cecilia CANTU (MEX)
10 Na-Young KIM (KOR)
11 Yea-Ji SHIN (KOR)
12 Lesley HAWKER (CAN)

13 Yoshie ONDA (JPN)
14 Binshu XU (CHN)
15 Fumie SUGURI (JPN)
16 Dan FANG (CHN)
17 Anastasia GIMAZETDINOVA (UZB)
18 Chae-Hwa KIM (KOR)

19 Alissa CZISNY (USA)
20 Joannie ROCHETTE (CAN)
21 Emily HUGHES (USA)
22 Yan LIU (CHN)
23 Kimmie MEISSNER (USA)
24 Aki SAWADA (JPN)

澤田さんが最終滑走ですね。緊張するだろうけど
彼女らしくのびのびとよい滑りができますように。

posted by:kanon
Competitions 2006/2007
comments(0)
trackbacks(0)
Four Continents Championships 男子FS滑走順
男子FSの滑走順も出ています。

1 Justin PIETERSEN (RSA)
2 Adrian ALVARADO (MEX)
3 Dean TIMMINS (AUS)
4 Mathieu WILSON (NZL)
5 Luis HERNANDEZ (MEX)

6 Nicholas FERNANDEZ (AUS)
7 Sean CARLOW (AUS)
8 Tristan THODE (NZL)
9 Joel WATSON (NZL)
10 Zhixue YANG (CHN)

11 Yasuharu NANRI (JPN)
12 Christopher MABEE (CAN)
13 Kensuke NAKANIWA (JPN)
14 Ming XU (CHN)
15 Noriyuki KANZAKI (JPN)

16 Jeremy ABBOTT (USA)
17 Jeffrey BUTTLE (CAN)
18 Emanuel SANDHU (CAN)
19 Evan LYSACEK (USA)
20 Jialiang WU (CHN)
21 Ryan BRADLEY (USA)

ジェフとエマさんが並びましたね。
ライサくんのカルメンでの巻き返しも楽しみです。あの衣装は何度観ても素敵。

[追記]
USFSにジェフのプレスカンファレンスの動画があがっています

2007 Four Continents Jeffrey Buttle (Canada) Men's Short Program Press Conference Video

・今までのところ今季はとても長いシーズンです。
・しかし実りあるシーズンでもあります。
・国内戦はすばらしい今季初試合でした。
・そして今季初の国際試合はハリファックスでのSPより進歩しました、云々。
という感じのようです。
posted by:kanon
Competitions 2006/2007
comments(0)
trackbacks(0)
Four Continents Championships 男子SP
四大陸選手権、男子SPが終わって結果が出ています

ジェフ1位!リザルトしか見ていないので、演技内容はわからないのですが
TESが41.58。ディダクションなしなので3A降りられたのかな。
PCSは7点台でそろえてきて36.14でした。
FSもこの調子を保てるとよいのですが、国内戦では演技後ずいぶん苦しそうだったので
どうなるかな。でもよい滑りを祈ってます。がんばれ。

上位10名は以下の通りです。

1 Jeffrey BUTTLE (CAN) 77.72
2 Jeremy ABBOTT (USA) 74.34
3 Ryan BRADLEY (USA) 68.83
4 Evan LYSACEK (USA) 67.04
5 Emanuel SANDHU (CAN) 64.98
6 Jialiang WU (CHN) 63.52
7 Noriyuki KANZAKI (JPN) 62.34
8 Christopher MABEE (CAN) 58.58
9 Kensuke NAKANIWA (JPN) 55.34
10 Ming XU (CHN) 55.00

2位のアボットくんは地元コロラドの選手ということで高地での強さを発揮したんでしょうか。
それにしても全米1位2位がその下というのが意外です。
エマさんは演技途中で靴に不具合が出て、中断をしたそう。PCSが出ずに5位。
メイビーくんは調子が出ず8位。
日本勢では神崎さんが健闘していますね。

さてこの順位がFSでどうなりますか。

posted by:kanon
Competitions 2006/2007
comments(0)
trackbacks(0)
Four Continents Championships SP滑走順
四大陸選手権の滑走順が出ました。
ジェフはライサくんのすぐ後です。メイビーくんがジェフの次で最終滑走。
エマさんは14番目。南里くんの次なんですね。

1 Joel WATSON (NZL)
2 Adrian ALVARADO (MEX)
3 Mathieu WILSON (NZL)
4 Ryan BRADLEY (USA)
5 Nicholas FERNANDEZ (AUS)

6 Zhixue YANG (CHN)
7 Ming XU (CHN)
8 Dean TIMMINS (AUS)
9 Noriyuki KANZAKI (JPN)
10 Jeremy ABBOTT (USA)

11 Kensuke NAKANIWA (JPN)
12 Luis HERNANDEZ (MEX)
13 Yasuharu NANRI (JPN)
14 Emanuel SANDHU (CAN)
15 Justin PIETERSEN (RSA)

16 Sean CARLOW (AUS)
17 Jialiang WU (CHN)
18 Tristan THODE (NZL)
19 Evan LYSACEK (USA)
20 Jeffrey BUTTLE (CAN)
21 Christopher MABEE (CAN)


USFSにジェフの公式練習の動画があがっていました。

2007 Four Continents Jeff Buttle (Canada) Practice Video

SPの途中までの映像ですが、アクセルは2Aで跳んでいます。
ジャンプの調子もそう悪くはなさそう。
posted by:kanon
Competitions 2006/2007
comments(0)
trackbacks(0)
Canadian Nationals Gala
カナダナショナルのエキシビション動画を観ましたが
ジェフが出てきて自己紹介している映像がありました。

話している内容はだいたいこんな感じ。

・トレーニングをしていないときはあらゆる種類の食べ物を存分に楽しんでいる。
・特に砂糖をつかっているものが好き。アイスクリーム、キャンディ、チョコレート…。
・今まで行った中で好きな都市は東京。
・地下鉄カードを握りしめて自分で出かけていって、あっちこっちうろつくのが好き。
・フィギュアスケートをしていなかったら、たぶんダイビングをやっていたと思う。

自分でキャラ設定してるんじゃないかというくらい
人物像が首尾一貫していて笑えるんですが

背骨傷めてるのに糖分摂ってる場合じゃないんではないでしょうか。バトルさん。

塩分や糖分を摂取しすぎると内臓の疾患になったり肥満や糖尿病の原因にもなりますが
それよりも、摂ったカルシウムが尿に排泄される量を増やしてしまうので
骨が弱くなるそうですよ。

誰か、ジェフに教えてあげてください。


EXナンバーはCSOIで滑っていたJames Bluntの"High"。
CSOIやJapan Openで着ていた黒いシャツにラインストーンの入った衣装で滑っています。
見せ所の長いイナバウアーはほんとうに綺麗で、観客の歓声も大きく
こういう「この人といえばコレ」的なものを持っていると強いなと改めて思う。
MIFは競技ではあまり点にならないのが残念でなりません。美しいのになあ。
しかしつるつると美しく滑るこの選手があの「砂糖!チョコ!アイス!」の人と
同一人物だとは思えないわ…。深いな。ジェフ。

Was (Not Was)の"Walk the Dinosaur"にのってのアンコールは
ほんとうに楽しそうで、観ているこっちまで嬉しくなってきます。

ワールドでもエキシビションの演技が観られるといいなー。
posted by:kanon
Competitions 2006/2007
comments(4)
trackbacks(0)
U.S. Nationals 男子FS
さてさて、男子です。
ライサチェクさんが見事な演技で初優勝。おめでとうございます。
2位にはライアン・ブラッドレイくん。富士ゼロックスのCMに出てた方ですね。
ジョニーは3位。残念だったけどね。世選代表には残りました。
東京で演技が観られるのが楽しみ。

[FS]
1 Evan Lysacek 169.89
2 Ryan Bradley 145.63
3 Jeremy Abbott 136.47
4 Johnny Weir 135.06
5 Derrick Delmore 132.60
6 Scott Smith 129.58
7 Stephen Carriere 124.70
8 Parker Pennington 124.23
9 Shaun Rogers 122.81
10 Braden Overett 121.89

[Result]
1 Evan Lysacek 248.88
2 Ryan Bradley 219.21
3 Johnny Weir 213.20
4 Jeremy Abbott 200.95
5 Scott Smith 196.59
6 Derrick Delmore 195.09
7 Parker Pennington 192.79
8 Shaun Rogers 190.15
9 Stephen Carriere 189.04
10 Braden Overett 188.47

その後、ジョニーの演技を観ましたが、想像していたほど悪い演技ではなく
むしろ以前よりはスピードもあって
曲の表現も出来ていたように思いました。
勝つには要素が物足りないというのはあるけれど
4回転も入れてきたし、明るい材料も多いのかなと思います。
曲も雰囲気あるし、もっとよくなるプログラムだと思うので
さらにブラッシュアップしてくれるといいな。

続きを読む >>
posted by:kanon
Competitions 2006/2007
comments(3)
trackbacks(0)
U.S. Nationals 女子FS
全米も終わりまして、やっと落ち着きました。
遅ればせながらではありますが
例によって10位までの成績と最終順位を。

[FS]
1 Alissa Czisny 119.59
2 Emily Hughes 118.54
3 Kimberly Meissner 115.99
4 Beatrisa Liang 104.49
5 Rachael Flatt 103.24
6 Danielle Kahle 95.61
7 Juliana Cannarozzo 93.73
8 Michelle Boulos 91.67
9 Megan Oster 84.25
10 Megan Williams-Stewart 83.19

[Result]
1 Kimberly Meissner 181.68
2 Emily Hughes 180.86
3 Alissa Czisny 177.74
4 Beatrisa Liang 167.15
5 Rachael Flatt 159.75
6 Danielle Kahle 143.82
7 Juliana Cannarozzo 143.66
8 Katy Taylor 139.78
9 Michelle Boulos 139.75
10 Christine Zukowski 131.06

キミーはFSでは3位と振るいませんでしたが逃げ切りの優勝。
シズニー嬢ががんばりましたね。ワールドであの笑顔が観られると思うと嬉しい。

posted by:kanon
Competitions 2006/2007
comments(0)
trackbacks(0)

10
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--